木力館ブログ

木力館ブログ

第60回埼玉県植樹祭に参加しました

 明日から6月、いよいよ梅雨の時期ですが、皆様いかがお過ごしですか。

 さて、昨日5月30日(土)、埼玉県秩父市にて行われた「第60回埼玉県植樹祭」に、私(おやじ)が参加しました。この植樹祭について簡単なご報告をさせて頂きます。

          埼玉県知事のお話し。横にあるのは木彫りのコバトン(埼玉県のマスコット)です。

植樹の際、埼玉県知事と私(おやじ)の記念撮影。

 立派に育てと、木の苗(イタヤカエデ)を植えました。

 当日はあいにくの空模様で小雨もぱらつきましたが、大勢の方が参加し、盛大に執り行われました。また今回は60回目の記念大会と言う事で様々な催しが参加者を楽しませました。ステージ上の太鼓演奏、功労者の表彰(私(おやじ)も前々回に表彰されています)、各種農業・林業に関する展示即売会、各種体験イベントなどです。もりだくさんのイベントに、私(おやじ)も驚きました。
 埼玉県では、現在林業に力を入れています。食べ物での「地産地消」はよく耳にしますが、木材の「地産地消」はまだまだ知名度も低く、実行度も低いのが現状です。

 埼玉県の面積の1/3は森林で、一般的な木造住宅に換算して毎年約1万棟近くの木材が供給出来るだけの力を持ちながら実際はその1/10程度しか利用されていない現状が有ります。林業は単に木材の供給源だけでなく、森林保全を含む地域(埼玉県)の公益的部分も併せ持つ大変貴重なものなのです。

 今回の植樹祭を通じて、もっともっと皆さんに埼玉県の木、林業の事を知ってもらいたい。それは私(おやじ)は勿論、林業従事者に共通する思いです。
 木力館では、埼玉県の木や林業に関する様々な情報を発信しております。ぜひお気軽にお越しいただき、木についての知識を体感して下さい。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + eighteen =