木力館ブログ

木力館ブログ

木力館脇の桜桃(さくらんぼ)の木、花が見頃になりました

 3月になり、寒い日や暖かい日が交互にやってくる毎日ですが、次第に少しずつ春らしくなってきました。皆様いかがお過ごしですか?

 さて、木力館脇の桜桃(さくらんぼ)の木ですが、花が見頃になりました。写真に収めましたのでご覧ください。

木力館脇の桜桃(さくらんぼ)の木、見頃です!

 例年に比べると開花と見頃の時期がそれぞれ若干早い気がします。恐らくこの冬の暖冬傾向が少なからず影響を与えているのではと感じます。また先日ブログでお伝えした梅と同様、この木も昨年剪定をしました。そのせいか、花の咲き具合は少し控えめかも知れません。

 木力館脇の桜桃(さくらんぼ)の木は、例年ですと初夏の頃にたくさんの実がなります。人間も食べられるおいしい実で、爽やかな酸味とほのかな甘みが特徴ですが、人間が食べる前にそのほとんどが野鳥の「ごちそう」となって消えてしまいます(笑)。本当に、あっという間に実が無くなるので野鳥の食欲の旺盛さには驚きです。

 今年はどのくらい実がなるのか、今から楽しみですね。

 これからあと数週間もすれば木力館近くの元荒川桜堤でソメイヨシノが咲き、その次は木力館脇の八重桜と、本格的な春の訪れとなります。
 こうした身近な草木や花を愛で、その成長を見て、季節の移ろいと自然の営みを肌で感じるのもまたよいものと思いますが、皆様はいかがお考えですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × four =