木力館ブログ

木力館ブログ

3月11日に想う

 皆様いかがお過ごしですか。この時期は寒暖の差が激しいので、体調管理は万全になさって下さい。
 本日3月11日は、東日本大震災が発生してからちょうど1年。改めて、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、行方不明者の一日も早い発見、被災された方々の一日も早い復興をお祈り致します。

 木力館も、震災当日は激しい揺れに襲われました。幸いにも建物自体に問題は有りませんでしたが、内部の展示物が倒壊・損傷したりと、巨大地震の怖さを思い知りました。また、その後発生した計画停電、物資・情報不足等を思い出します。

 今も続く原発事故の余波、そして被災地・被災された方々への支援・復興など、課題は山積しております。しかし被災地支援、被災した方々の支援と言っても色々なかたち、やり方があると思います。いずれも一過性ではなく、継続して行う事が肝要かと思います。
 残念ながら木力館として出来る事は限られていますが、それでも、私達に何か出来る事は無いか、日々模索しております。
 さて、木力館の脇に植えられている梅の木が、本日開花しました。写真を撮影しましたのでご覧下さい。

     梅の花。

 今年は冬の寒さが厳しかったせいか例年よりも開花が遅れました。また昨年の震災や台風等で枝葉や幹が傷んだりして心配しましたが、無事に咲いてくれて、ほっとしております。くしくも今日と言う日に開花した事は、何か意味が有るのでは、と思います。小さいながらも純白・健気に咲く花は、これからの希望の灯と勇気づけられます。
 木力館は毎日元気に開館、皆様のお越しをお待ちしております。本物の木を五感で体感できますので、お気軽にご来場ください。

2 Replies to “3月11日に想う”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございます。
    この震災を後世に語り継いで震災への備えとすること、
    そして被災された方々への支援を更に続ける事が
    肝要かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =