木力館ブログ

木力館ブログ

無垢板の良さ(続)

 昨日10月20日(火)、騎西町の現場にて上棟式ならびにもちまきが行われました。ご来場いただいた方には心より御礼申し上げます。今後もこういった日本伝統の行事を大切にしていきたいと私(おやじ)は考えております。ちなみに上棟式ならびにもちまきのレポートは後日詳細をお届けしますので、しばらくお待ちください。

 さて、今回は木力館にある無垢板のキッチンカウンターとテーブルをご紹介します。
 木力館では現在館内の一部を改築しておりまして、様々な自然素材を使っております。今回はその中から無垢板を使ったキッチンカウンターとテーブルをご紹介します。

 ケヤキのキッチンカウンター。二枚ハギのものを使っております。板の裏面には割れ止めと反り止めを施し実用性も十分です。下の収納扉は大工さんの作りつけです。

 ケヤキは堅く丈夫な木です。木目も美しく、使い込めば使い込む程に良い味わいが出てきます。表面には浸透型の自然塗料(クリアオイル)を塗っています。

 別角度から。備え付けのシンクとIHクッキングヒーターは別売りです。

 こちらはトチ(栃)の一枚板をテーブル用にしつらえました。先日まで木力館でテーブルに使っていたものですが、表面を再加工しガラスをはめ込みました。

 独特の木目が印象的です。これは別名「縮れ杢(ちぢれもく)」と言い、なかなか見る事の出来ない希少価値の高いものです。

 縮れ杢の特徴は、同じ木目でも見る角度によって光沢の加減が変わる事です。このトチの場合、虎の模様にも似ています。

 木目の様子をズームで。表面には浸透型の自然塗料(クリアオイル)を薄く塗っています。

 別角度から。磨いているので手触りも実に滑らかで、見てよし触ってよしの逸品です。

 木力館では、これらをはじめとして多数のテーブル材、カウンター用の一枚板を展示しております(加工・販売は親会社の㈱大忠が承ります)。価格のお手ごろな一枚板も多数取り揃えております。皆様も、日々の暮らしのワンポイントにいかがでしょうか。ぜひお気軽にご来場頂き、無垢の木の良さを体感してください! お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =