木力館ブログ

木力館ブログ

7月講習会無事終了しました

 夏休みも本番となりましたが、皆様いかがお過ごしですか。
 暑さには十分お気を付け下さい。とにかく無理をしない事が大切です。もちろん節電なども大事ですが、無理して身体を壊したりしてしまっては元も子もありません。体調管理には十分ご注意下さい。

 さて今回は、先日7月31日(日)に開催した「木力館7月講習会」についてお話し致します。

 今回は「設計士による家の設計図づくり」と題しまして、木の話、家づくり(特に設計などについて)の話をさせて頂きました。講師は私(おやじ)木力館館長 大槻忠男と、中村良雄建築設計事務所所長 中村良雄氏です。

 参加者の皆様を前に、木の話を披露する私(おやじ)

 今回は参加者の方の「住みたい」と思う家について、実際に設計図としてつくることにより、更に家づくりに興味を持って頂こうというイベントで、詳細については、材木屋の視点、そして設計のプロの視点か企画らそれぞれお話しをさせて頂きました。今回は参加者の方から具体的な家づくりについて活発な質問も出て、より熱の入ったイベントとなりました。

           パネルを使って実際の家の設計図、図面作成について解説する中村良雄氏。

 何度も言いますが、木の良さと言うものは、やはり五感で体感するのが一番です。いくら言葉や文章で「木は良い」と言っても書いても、実際に一度手で触れ、香りを嗅いでみる、そういった「体感」による体験にまさるものはない、と私(おやじ)は思っております。
 今回も床板材のサンプルを用意し実際に参加者の皆様に触れて体感して頂きましたが、こう言った「身体で感じて覚える事」が大事であると私(おやじ)は考えております。

 ぜひ皆様も、木力館にお越し頂き、木の良さを体感して頂きたいと思います。
 木力館は今後も多くのイベントを精力的に開催していきますので、ご期待下さい。また木力館は元気に毎日開館、皆様のお越しをお待ちしております。ぜひお気軽にお越し頂き、本物の木の良さを体感して下さい。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 20 =