木力館ブログ

木力館ブログ

6月講演会無事終了しました

 さいたま市は梅雨空、晴れ間の暑い日と、ころころ天気が変わりますが、皆様いかがお過ごしですか。

 さて今回は、先日6月26日(日)に開催した「木力館6月講演会」についてお話し致します。

。今回は「木の家づくり講座 ~地震につよい家づくりとは~」と題しまして、木の話、家づくり(設計など)の話をさせて頂きました。講師は私(おやじ)木力館館長 大槻忠男と、中村良雄建築設計事務所所長 中村良雄氏です。

 参加者の皆様を前に、木の話を披露する私(おやじ)

 今回は東日本大震災をうけて、「地震につよい家づくり」とはどういうものなのか、その詳細について、材木屋の視点、そして設計のプロの視点からそれぞれお話しをさせて頂きました。さいたま市については比較的地盤の良い場所と、そうでない場所が混在しております。ですので、そう言った地理的な問題も含めて、各種質疑応答も行いました。

 また今回は、ウレタン塗装の床板材サンプルと、無塗装の無垢の床板材サンプルを各種用意し、参加者の皆さんに実際に素足で肌触りを確かめてもらい、自然素材、無垢板の良さを知って頂きました。今回は足を少し湿らせて床材の上を歩いて貰いましたが、「こんなに感触が違うとは思わなかった」との声を頂戴しました。

             体験コーナー。床板材サンプル各種を、実際に肌で感じて頂きました。

 やはり、木の良さと言うものは、五感で体感するのが一番です。いくら言葉や文章で「木は良い」と言っても書いても、実際に一度手で触れ、香りを嗅いでみる、そういった「体感」による体験にまさるものは有りません。「百聞は一見にしかず」と言いますが、木についてはぜひとも体感して欲しい、私(おやじ)は常日頃そう考えております。
 木力館は今後も多くのイベントを精力的に開催していきますので、ご期待下さい。また木力館は元気に毎日開館、皆様のお越しをお待ちしております。ぜひお気軽にお越し頂き、本物の木の良さを体感して下さい。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + one =