木力館ブログ

木力館ブログ

本年も開智小学校に出張授業でお邪魔しました

 この5月は急に寒くなったり暑くなったりと、なかなかに厳しいですね。気候の急な変化で体調を崩す方も多いそうなので、くれぐれもご用心を。
 さて、先日、木力館はさいたま市の開智小学校にお邪魔して、館長の私(材木屋のおやじ)の「森林と環境のお話」を披露した他、生徒の皆さんにカンナ削り体験をして頂きました。
(プライバシー保護の為、画像を一部加工しております)

  館長と木の話。

 館長と木の話(生徒さんの後ろから全体を1枚)

   生徒さんのカンナ削り体験。

 開智小学校では、毎年4年生の生徒さんを対象に出張授業、またその後に木力館見学、体験教室、製材見学等を行っており、今年で通算10年目になります。
 今回、参加した生徒さんは合計101名。大勢の前でお話をさせて頂きました。生徒さんは皆さん活発でまじめ、館長の私(材木屋のおやじ)の話に熱心に聞き入っていた他、質問も多く出て、意欲の高さを感じました。カンナ削り体験では生徒さんが目を輝かせていたのが印象的でした。

 以前からお話ししている事ですが、学校で学ぶ事はとても大切な事ですが、学校の中だけではやはり限界がある事も事実です。
 森林と木の大切さを学ぶには、本を読むだけでなく、本物の木に触れて香りを嗅いで、五感で「感じとる」事も大切です。今回の様に、学校にお邪魔して皆さんに普段の授業では体験できない事を経験して頂き、木に少しでも興味を持って頂ければ、いわゆる「木育」の一環として生徒さんに少しでもプラスになれば、と考えております。

 こうした活動が生徒さんの意識を少しずつ変えて、将来の為になれば幸いです。
 木力館は毎日元気に開館、皆様のお越しをお待ちしております。本物の木を五感で体感できる、全国でも珍しい木の博物館です。家づくりやリフォーム・模様替え等に関する相談も無料で受け付けております。百聞は一見に如かず、ぜひお気軽にご来館ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − thirteen =