木力館ブログ

木力館ブログ

木力館の椅子について(その2)

 さて、今日は前回に引き続き、木力館に設置してある椅子についてご紹介します。今回は一人用の椅子です。

 この椅子も、前回の長椅子同様に親会社の㈱大忠 木研にて製作したもので、材には全て杉を使っております。つくりは長椅子と同じですが、コンパクトなサイズのため、軽量で取り回しもよく、背もたれのゆるやかなカーブによる柔らかな座り心地が特徴となっております。
 こちらの椅子も木力館に来場された方には好評です。ぜひ一度体感してください。

 木力館に設置してある長椅子と椅子、テーブルです。会議やミーティング、お客様の対応などに使用しております。

 今回ご紹介した椅子(と長椅子)は、それぞれご希望の方には、用途やサイズに応じて製作致します(材料費、工賃等は別途必要です)。興味をお持ちの方は、ぜひ木力館までお問い合わせ下さい。
 なお、杉は日本各地にそれぞれ独特の地域品種があり(秋田の秋田杉、屋久島の屋久杉、奈良の吉野杉、京都の北山杉など、様々な種類が有ります)、用途も建材の柱などの他多岐にわたり使用されますが、食品や調味料・お酒などを入れる樽の材料にも使われます(杉樽)。杉樽で熟成させたお酒やしょうゆ、味噌などは独特の風味が増し、香りも良く、味も抜群であると評判です。まさに木の力、と言ったところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =