木力館ブログ

木力館ブログ

埼玉県の省エネ住宅ローン助成

 お花見の時期、花冷えの日もありますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、埼玉県は「省エネ効果の高い環境配慮型住宅を建設する個人を対象とした住宅ローン助成制度の利用募集を6月28日から開始する」と発表しました。

 詳細は各種プレスリリースや新聞記事等をご参照いただくとして……、埼玉県では省エネ住宅に力を入れております。そのひとつが「埼玉県産木材の利用促進」であり、今回の助成制度の内容を見ても、埼玉県産木材に高い重点が置かれているのがお分かりでしょう。木力館も(微力ながら)埼玉県の森林・木材について埼玉県の関連部局と連携しながら、日々、情報発信など活動を行っております。

 「家を建てるなら、地元でとれた木を使うと家が長持ちする」
 このことばは、熟練の大工さんの間に伝わる経験則です。同じ気候風土で育った木を同じ環境で使うと、木にやさしく、その結果、家が長持ちするという事なのです。食べ物でよく「地産地消」が言われますが、木もまさにその通りで、埼玉県で家を建てるなら埼玉県で育った木を使うと良い、と私(おやじ)は考えております。

 埼玉県の木を埼玉で使うメリットは、他にも「輸送コストの軽減、輸送にかかるエネルギーの削減」にもつながるほか、埼玉県の森林保全、埼玉県の林業や木材加工・流通業の活性化といった地場産業への波及効果も大きく、皆様には、今後も地元の木材に注目していただきたいと思います。

 写真はイメージです。

 今後も木力館はさまざまなイベント・ホームページ等を通じて情報発信を続けていきますので、ご注目ください。今年は特にイベントを多く予定しておりますので、お楽しみに!

 また、来る4月18日(日)の「国産材の家づくり講座」については、引き続きお申込みを受け付けております。詳細は前回のブログ記事をご覧下さい。
 こちらはまだ定員に余裕がございます。皆様のご応募をお待ちしております。定員にはまだ若干の余裕がございます。ご応募はお早めに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =